トップ > ウズベキスタン早わかり > シルクロードと世界遺産の都

シルクロードと世界遺産の都

ウズベキスタンの誇り、4つ世界遺産をご紹介!

かつてユーラシア大陸東西貿易の重要な交通路とされてきたシルクロード。
ルートをはじめシルクロードには様々な説があり、未だ多くの学者が調査をしています。

そんな神秘的でもあり、多くの謎が隠されシルクロードの十字路とされているのが、ウズベキスタン。

「シルクロードのオアシス」とも呼ばれシルクロード沿いに成立した都市国家のウズベキスタンは、 遊牧生活が基本の周辺中央アジア諸国に比べて早い段階で定住化されました。

ウズベキスタン独特の文化と歴史深さはもちろんのこと、 シルクロードの繋がりやどこか懐かしさを感じたりもできる不思議な国。
魅力が溢れているウズベキスタンには、ヒヴァ、ブハラ、シャフリサーブス、サマルカンドの各地区がユネスコ世界文化遺産に指定されています。

そんなウズベキスタンの歴史ロマンを感じる旅行はいかがですか?

 

1990年 イチャン・カラ (ヒヴァ)

クフナ・アルク(見張り台)からの景色
クフナ・アルク(見張り台)からの景色
パフラヴァン・マフムド廟
パフラヴァン・マフムド廟
カルタ・ミナール
カルタ・ミナール

詳細はこちら

1993年 ブハラ歴史地区

夕焼けのカラーン・ミナレット
夕焼けのカラーン・ミナレット
カラーン・ミナレットからのミルアラブ・メドレセ
カラーン・ミナレットからのミルアラブ・メドレセ
アルク城
アルク城

詳細はこちら

2000年 シャフリサーブス歴史地区

シャフリサーブス中心部とティムール像
シャフリサーブス中心部とティムール像
ドルッティロヴァット建築群・コン・グンバス・モスクの広場
ドルッティロヴァット建築群・コン・グンバス・モスクの広場
ドルッティロヴァット建築群・コン・グンバス・モスク
ドルッティロヴァット建築群・コン・グンバス・モスク

詳細はこちら

2001年 サマルカンド-文化交差路

グリ・アミール廟
グリ・アミール廟
金箔の天井
金箔の天井
ティラカリ・メドレセ
ティラカリ・メドレセ

詳細はこちら