トップ > ウズベキスタン都市紹介 > タシケント

タシケント

「石の街」という意味を持ち、シルクロードの中継地として栄えた。


タシケントのみどころ

タシケントとは「石の町」という意味で、ウズベキスタンの首都です。 ウズベク系、ロシア系、朝鮮系、と様々な民族・人種がいて、多民族国家ということを肌で感じることができます。
中央アジアで唯一地下鉄が走っている街としても有名です。

タシケントの街は、旧市街と新市街に分かれています。

新市街は緑が多く公園の街のような雰囲気で、アミール・ティムール像のあるティムール広場を中心に、洗練された街が広がっています。
旧ソ連の名残か、ロシアの雰囲気を感じることができる街でもあります。


旧市街はチョルスーバザールを中心に広がっています。迷路のような道になっていて、メインストリートのようなものは特にありません。
16世紀に造られたクカルダシュ・メドレセやジュマモスクが建っています。

タシケントでは、ナヴォイ劇場でオペラ鑑賞や緑の多い街を散策すると良いでしょう。

 

タシケントの観光地  -TASHKENT-

ナヴォイ・オペラ・バレエ劇場  Alisher Navoi Opera Theatre

第二次世界大戦時に、ソ連軍によってタシケントに抑留されていた旧日本兵達によって1945~1947年にかけて造られました。
ナヴォイ劇場玄関を正面にした外観左側面には、「1945年から1646年にかけて極東から強制移送された数百名の日本国民が、このアリシェル・ナヴォイ―名称劇場の建設に参加し、その完成に貢献した。」と日本語で書かれた碑文が彫られています。

1966年の大地震でもこのナヴォイ劇場はビクともしなかったと、日本の建築技術の高さが今でも語り継がれて評価されています。

アライ・バザール  Alaysky Bazar

新市街中心地近く、デデマンシルクロードホテルの斜め向かいにあり、
現地の人にはウズベク語で「アライ・バザール」、ロシア語で「アライスキー・バザール」と親しまれています。
地下鉄アブドゥラ・コディリ駅を出てすぐ、入口前にはトラム乗り場もあります。

正面入口を通ると、充実した貴金属類のお店が並んだアーケードがあります。
アーケードを抜けると野菜や果物、お米、ナッツなど食料品売り場が広がり、活気に溢れています。食堂やチャイハナもあるので、休憩をしながら散策が楽しめます。

新市街らしい、小奇麗なバザールです。

ウズベキスタン工芸博物館  Museum of Applied Arts

オイベック地域の閑静な住宅街の一角にあるスザニや絨毯、
民族楽器などを展示した博物館。
ソ連時代の王族をそのまま博物館にしたものです。
外観はとても細かくきれいな装飾が天井も含めて全面に施されています。
 

アブドゥール・ハシムメドレセ  Abdul Khasim Medressa

新市街の外れのナヴォイ公園内にある神学校。
今は、美しく模様を描いた小箱などの民芸品を作っている職人の工房となっています。中には愛知万博に職人として参加していた人もいます。

メドレセ内のフジュラと呼ばれる各々の部屋では、職人が民芸品を作っている現場を見ることができます。
木箱などの細かい装飾は非常に美しく、まさに職人技。
一枚板から作られている本棚などもあります。
品質がとても良いので、おみやげにはお勧めです。

サイールゴフ通り  Sayilgoh Street

街の中心のティムール像が手を伸ばしている方向には、サイールゴフ通り(Sayilgov str.)があります。
以前は「ブロードウェイ」と呼ばれ、様々な露店が多く並んだ賑やかな繁華街でした。

現在はブロードウェイの賑やかさはなくなり、絵画のアーティストが多く集まり、アーティスティックな空間が楽しめます。

絵画の露店が多く並ぶ歩行者天国で、広い一本の通り沿いには緑が多く、公園のような雰囲気です。
ゆっくりのんびり歩いてみてはいかがでしょうか。

中央アジアプロフセンター  Central Asia Prov Centre

テレビ塔近くにあるプロフ専門店。
プロフは、様々な行事で必ず出されるウズベキスタンの代表的な伝統料理です。

ここでは結婚式のプロフが食べられます。

チョルスー・バザール  Chorsu Bazar

地下鉄チョルスー駅を出ると目の前に広がる旧市街のバザール。
「オールド・バザール」とも呼ばれ、昔から変わらない下町の活気を見せています。

チョルスー・バザールの中心には青いドームの屋内バザールがあり、2Fにはナッツやドライフルーツ、1Fには乳製品や肉類、漬物、米などが売られています。
チャイハナの建物や、衣料品のお店のテントが一面に並んでいたりと、いつもとても活気に溢れています。

中心のドームの周りには、白い屋根のテントが一面広がっています。
テント内では、洋服や下着などの衣料品が売られています。

ハスティ・イマム広場  Khasti Imam Complex

旧市街にある広場。この広場には、バラクハーンメドレセ、ジュマモスク、カファリシャーシ廟
と3つのイスラム建築が建っています。
いずれも16世紀に建てられたもので、コーランの博物館もあり、
世界最古のと言われているコーランも展示されています。
現在もイスラム教信者がここで礼拝の時を持っています。

クカルダシュ・メドレセ  Kukeldash Medressa

近代的なビルと歴史的なメドレセが合い混ざるタシケント、チョルスーバザールの隣にある神学校です。
チョルスーバザールからも正面と両脇にあるミナレットが見えます。

16世紀に建てられ、ソ連時代は倉庫などに使われていましたが、ウズベキスタン独立後に神学校として復活しました。

かつてはこのメドレセ周辺はレギスタンと呼ばれる広場で、タシケントの中心でした。
今は街の中心は新市街に移動し、メドレセは旧市街の要所の一つとなっています。

日本人墓地  Japanese Cemetery

市内からは少々離れているので、バスか車を利用します。

第二次世界大戦時にソ連の捕虜となった79名の日本人が眠っている墓地です。
緑の多い静かな場所に、墓標、記念碑、そしてウズベキスタンで亡くなった方の名前を刻んだ碑があります。

墓地の入口向かいには、日本人捕虜の資料館があります。
当時の写真などが展示されていて、旧日本兵の苦労の様子が伝わってきます。

ウズベキスタン国内には8ヶ所の日本人墓地が置かれています。