トップ > ウズベキスタン都市紹介 > シャフリサーブス

シャフリサーブス

標高2000m級の峠を渡っていく小さな町。2000年にユネスコ世界文化遺産登録。


シャフリサーブスのみどころ

ウズベキスタンで英雄とされているティムールの生まれた街です。
2000年にシャフリサーブス歴史地区として、ユネスコ世界文化遺産登録されています。

ブハラ-サマルカンド間を移動する際によく立ち寄られます。
個人旅行の際は、バスで行くことは乗り換えなどの問題が難しいので、タクシーか乗用車で移動します。ツアーの場合は、シャフリサーブスに立ち寄って観光することがほとんどです。
標高2000m級の峠を渡っていくので、景色も素晴らしいです。

大きい花形のマントゥ、「ホノムグル」というシャフリサーブスのみにある料理も有名です。
ティムールが生きていた時代の華やかな昔のシャフリサーブスとは違い、今は歴史を秘めつつ静かな街となっています。

 

シャフリサーブスの観光地   -SHAKHRISABZ-

アクサライ宮殿跡   Ak-Saray Palace

アクサライは「白い宮殿」という意味で、ティムールが建てた最大の建築物です。
白は「高貴な」という意味も持っているので、この名前が付けられたとされています。
実際は白色ではなく、青色と金色のタイル装飾の建物でした。

現在は、入口のアーチのみが残っています。
本来のアーチは55mでしたが、現在は39mが残っています。

有料でアーチの上まで登ることが可能です。
アーチを登ると、上からはシャフリサーブスの街が一望できます。

ドルッサオダット建築群   Dor-ussaodat

ティムールの長男で22歳で亡くなったジャハンギールが眠っているジャハンギール霊廟を中心とした建築群です。
霊廟前には広い空き地が広がっていますが、そこにはかつて建築群がありました。

ティムールの石棺もあります。
ティムールが生きている時に作られた棺ですが、実際にはティムールは
サマルカンドのグリ・アミール廟に眠っています。

ドルッサオダットは、「大いなる力の座」を意味しています。
「大いなる力の座」は、まさにティムールを指しているのです。

ドルッティロヴァット建築群   Dorut Tilyovat

「瞑想の家」という意味の建築群。

青いドームのコン・グンバス・モスクはウルグベクによって建てられたラマダンモスクです。
内部のフレスコは一部を残しほとんどが修復されています。

建築群の右側奥にあるグンバズ・サイードは、預言者ムハンマドの子孫の名前を取って霊廟の名前が付けられました。
しかし、霊廟内にあるお墓は本当のお墓ではありません。

左側奥のシャムスッディン・クラル廟には、ティムールの父と父の指導者が眠っています。