トップ > ウズベキスタン都市紹介 > サマルカンド

サマルカンド

2001年、ユネスコ世界文化遺産に登録。シルクロードの中心都市。


サマルカンドのみどころ

2001年、ユネスコ世界文化遺産に登録され、「青の都サマルカンド」と呼ばれ、シルクロードの中心的な都市として栄えてきた歴史 的な街です。
タシケントから列車(レギスタン号)で約4時間、車でも約4時間です。

旧市街、新市街、アフラシャブの丘に分けられ、旧市街にはタジク系民族が多く住んでいます。

紀元前4世紀から注目されて、サマルカンドという名前になる前はマラカンダという街でした。
ウズベキスタンの英雄アミール・ティムールによって、荘厳で美しく、中心的都市のサマルカンドに繁栄しました。
600年前から変わらない迫力あるサマルカンドをゆっくりとご覧頂けます。
 

 

サマルカンドの観光地   -SAMARKAND-

レギスタン広場   The Registan Square

レギスタン広場はブハラ、ヒヴァ、サマルカンドにありますが、サマルカンドのレギスタン広場が一番新しい広場です 14世紀に造られ、砂の広場という意味を持ちます。
広場向かって左にウルグベク・メドレセ、中央はティラカリ・メドレセ、右にシェルドル・メドレセが並んでいます。

ティムール時代には大きな屋根のバザールが建てられ、孫のウルグベク時代にはキャラバンサライ(隊商宿)建てられたり と、各時代によって変貌を遂げて来ました。
ソ連時代には修復が行われました。
しかし、昔も今も変わらず公共の広場として重要な役割を持っています。

夏場は日没から音と光のイルミネーションショーが行われています。

ウルグベク・メドレセ   Ulughbek Medressa

レギスタン広場向かって左にあるメドレセ1420年に建てられ、レギスタン広場では一番最初の神学校です。

ウルグベクは経済、科学、天文学、建築、貿易の面でサマルカンドに貢献し、そしてサマルカンドが繁栄しました。

1階が4つの講堂とモスク、、2階が学生が生活するフジラと呼ばれる寮が55部屋あり、100人以上の学生が寄宿し勉強し ていました。
教壇には実際にウルグベク自身も立ったと言われています。
入口のアーチは35mの高さで、青い星の模様が装飾されています。

ティラカリ・メドレセ   Tilla-Kari Medressa

レギスタン広場向かって中央にあるメドレセ。1646年から1660年にかけて建てられた1階建ての神学校。
ティラカリとは「金箔」という意味で、天井の金箔が見事な美しさを放っています。
金箔の装飾は全部修復され、その際に3kgの金が使われたと言われています。
この装飾にはこのメドレセをもう一つ建築する分と同じくらいの多額の費用がかけられています。

神学校(メドレセ)と金曜日のモスク(ジュマモスク)の両方を意図して建てられました。
ここには寮がないので、ウルグベクメドレセに寄宿し、礼拝や勉強時はティラカリメドレセに通い、実際はモスクとして使 用されていました。

シェルドル・メドレセ   Sher Dor Medressa

レギスタン広場向かって右にあるメドレセ。1636年に完成した2階建ての神学校。

シェルとはタジク語で「ライオン」という意味で、正面アーチにライオンの絵が描かれていることから、この名前が付けら れました。
本来イスラム教では偶像礼拝を禁止している中、動物や人が描かれているイスラム建築は珍しく、支配者が自分の権力を誇 示する為にあえて描いたと言われています。

このライオンと人顔のタイル装飾は200スム紙幣にも描かれています。

ビビハニム・モスク   Bibi-Khanym Mosque

ティムール時代、一度に13000人が礼拝することが出来た中央アジア最大のモスク。

ティムールの命令で1399年から1404年にかけて建てられました。
しかし完成したのはティムールの死後3年目、ティムール本人は完成を見ることが出来ませんでした。
そして、地震によってほとんどが崩れてしまい、北西側ミナレットの土台部分のみが残りました。中庭にある大理石のコー ラン(イスラム教の聖典)置きは15世紀にウルグベクによって造られました。
現在もモスクは残されています。2004年に修復工事も終了しましたが、崩れかけています。

グリ・アミール廟   Guri Amir Mausoleum


グリ・アミール廟ライトアップ
グリ・アミール廟ライトアップ
1404年に完成したティムールとティムールの家族、教師、聖人が眠っている霊廟です。
タジク語で「支配者の墓」という意味を持ち、元々は戦死したティムールの孫ムハンマド・スルタンの為に造られました。

そしてここにはティムール自身も眠っています。
生前ティムールは生地のシャフリサーブスへの埋葬を望んで自分用の墓を作りましたが、真冬に亡くなった為雪に覆われた シャフリサーブスには埋蔵出来ず、ここに納められたと言われています。
一度ブハラ・ハーンに破壊されましたが、現在天井は金箔に修復されています。

左にウルグベク、右にティムールの教師ベルケ、ティムールの墓石の真後ろに息子のシャールフ(ウルグベクの父)が眠っ ています。
しかし本当の墓石は地下にあり、そこには亡骸の墓室が地上の墓石と同じ順序で葬られています。

現在は、その地下墓室へは入ることは出来ません。

シャブ・バザール   Siab Bazar

ビビハニム・モスクの隣にある大きなバザール。サマルカンドはナンがとても有名。
分厚いナンがサマルカンドのナンの特徴です。サマルカンドの人々の生活が垣間見られます。
バザールの敷地は非常に広く、サマルカンドの人々の生活拠点の一つとも言えます。
バザール内は果物や肉、チーズなど食料品、家庭用品、雑貨などと売られているもに応じて売店の場所が分けられています 。

バザールでは値切り交渉必至です。東方文化圏のバザールの特徴でもあります。

シャーヒズィンダ廟群   Shahr-i-Zindah

アフラシャブの丘の一角にあるティムールゆかりの人々の霊廟群。
今はウズベキスタンの人々の巡礼場所になっています。
入口の階段を上ると、霊廟はほぼ一直線に建ち並んでいて、奥の左側には庶民の墓地があります。

初めてサマルカンドにイスラム教を伝えた預言者ムハンマドの従兄弟クサムは、677年に異教徒に襲われて首を切られてし まいました。
しかし、クサムは動じることなく礼拝を終えて自分の首を持って井戸へ持って行きました。
彼はここで決して死ぬことなく永遠に生き続けているという永遠の命を得たと言われています。
彼のお墓は11世紀にシャーヒズィンダ(生ける王)と呼ばれるようになり、この建築群の中では最も古い建物として残って います。

入口付近からコシュ・グンバズ廟、トゥグル・テキン廟、アミールゾ廟、
シリンベク・アカ廟、シャーディムルク・アカ廟、八角形の廟、
アミール・ブルンドゥク廟、クサム・イブン・アッバース廟、
トゥマン・アカ廟、フッジャ・アフマッド廟、無名の廟と並んでいます。

アフラシャブの丘 / アフラシャブ博物館   Afrasiab Hills / Afrasiab Museum

シャブ・バザールとウルグベク天文台跡の中間辺り、ハズラット・ヒルズモスク近くにある丘と隣接する博物館。

かつてはこの丘には街があり、丘の16m地下から紀元前7世紀の壁画が発見されました。
この壁画は領主の宮殿から発見されたフレスコの壁画です。
壁画にはソグド人の絵と拝火教の絵が描かれています。
当時は宗教なども関係なく色々な民族が集まり、平和に住んでいたとされています。

アフラシャブ博物館の中には、発見された壁画やアフラシャブの古代住居地から出土されたもの、拝火教の祭壇や偶像など が展示されています。
 

ウルグベク天文台跡   Ulughbek Observatory

ティムールの孫で天文学者でもあったウルグベクは、現在の太陽暦を正確に計り出しました。

彼は1年の長さを365日6時間10分8秒と、誤差は1分もなく計測しました。
未来を予報、予知することはイスラムでは失礼な事だと言われウルグベクの敵が多くなりました。
ウルグベクが亡くなった後、天文台を破壊し、天文台の道を土で埋めて峠の丘になっていましたが、1908年ロシア人のヴィ ヤッキンにより発見されました。

現在は6分儀の基礎部分のみが残っています。

コニギルメロス・紙すき工房   Samarkand Koni Ghil Meros 

    

8世紀から伝わるサマルカンドペーパーを作っている工房。
シオブ川沿いの緑に囲まれたコニギル村にあります。

サマルカンドペーパーとは、桑の木の皮を原料にして、水車を使って手作り紙すきの
伝統的な紙です。そして、このサマルカンドペーパーが「紙」の原点であり、
この「紙」東洋、西洋それぞれに伝わったと言われています。
約300年前のものを改装した水車のついた建物です。

実際にサマルカンドペーパーを作っている現場などを見ることができます。
サマルカンドペーパーで作った便箋、葉書などのお土産はもちろん、
カバンなど一工夫されたお土産も豊富です。